AGA男性の薄毛・抜け毛の原因

ホーム > 男性の薄毛治療について > 男性の薄毛・抜け毛の原因

ABOUT AGAAGAの原因ってなに?

AGAとは男性型脱毛症のことを言います。男性ホルモンの影響により髪の正常なヘアサイクルが乱れ、髪が成長しないうちに抜け落ちてしまったり、休止期に入ってしまう髪が多くなり、結果的に髪全体で薄毛が進行していく状態のことを言います。特にAGAに場合は、前頭部の生え際や頭頂部から症状が始まっていくことが多いのが特徴です。

原因は…男性ホルモン!!

AGAは男性ホルモンによる作用が最も影響していると言われています。男性ホルモンは本来、身体をつくる上で筋肉や骨格を作ったり毛髪や髭を濃くしたりといった、男性らしい身体をつくりあげるのに大切な役割を果たしています。
しかし、そうした男性ホルモンの中にAGAの原因となる物質が存在します。原因物質はそれ自体がAGAの原因となるのではなく、体内の他の物質と結びつき、直接的な原因となるホルモンに変化することで生成されます。
男性ホルモンは誰もが持つものですが、全員が同じように進行していくかと言うとそうではなく、遺伝やホルモン量、生活習慣なども関係してくるため、個人によって進行の度合いは異なってきます。

原因となる男性ホルモンは「テストステロン」

AGAはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが元となって引き起こされます。テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性らしい身体を作るうえで大切な役割を果たします。AGAの原因ではありますが、身体にとってなくてはならないホルモンです。
テストステロンは主に次のような作用を身体にもたらします。

  1. 髭や体毛を濃くし、増やします。
  2. 男らしい身体つきを作り、闘争本能ややる気をアップさせます。

こうした大切な役割を果たしているホルモンですが、テストステロンがある酵素と結びつくことにより、AGAの直接的な原因となる物質へと変化します。
その酵素というのが、5α‑リダクターゼです。5α‑リダクターゼとテストステロンが結びつくことにより、ジヒドロテストステロン、通称DHTというホルモンに変化します。このDHTが最終的にAGAの原因物質となり、髪のヘアサイクルを乱すことで薄毛が進行していきます。
テストステロンは身体を形成する上で大切な役割を担っており、その量を減らしたり、作用をブロックするといったことはできません。しかし、テストステロンがDHTになる過程で作用する5aリダクターゼを阻害してやることで、DHTの生成を抑え、AGAの進行を遅らせることができます。

「DHT」によるヘアサイクルの変化

「DHT」によるヘアサイクルの変化
AGAのヘアサイクル

AGAはこのヘアサイクルに乱れが起こり、薄毛へとつながっていきます。通常のヘアサイクルでは成長期が2年から6年、退行期が2週間から3週間、休止期が3か月から4か月と言われています。しかしAGAでヘアサイクルが乱れてくると、髪の一生で最も長い期間の成長期が短くなってしまいます。通常のヘアサイクルでは2年から6年の成長期の期間が、AGAの進行が進むと数か月から1年以下というサイクルになってしまう場合もあります。成長期が短いということは、つまり髪の毛が成長する期間が短いということで、結果的に細くて短い毛が増え、さらに休止期に入ってしまうのも早くなってしまいます。
この乱れたヘアサイクルの毛髪が多くなってくると、全体的に薄い印象の頭髪になってきます。

通常のヘアサイクル

髪の毛は周期的に生え変わっていきます。これをヘアサイクル(毛周期)と言います。通常のヘアサイクルは「毛が生える→伸びる・太くなる→抜ける→新しい毛が生えてくる」というのを繰り返していきます。
ヘアサイクルは男性の場合は2年から5年、女性の場合は3年から6年で一周します。これが髪の毛の一生、つまり髪の毛の寿命です。
この期間の中で髪は成長期、退行期、休止期と呼ばれる過程をたどっていきます。成長期は生えてから成長していく段階で、全体の髪のだいたい90%がこの成長期に当たります。次の退行期は、これまで細胞分裂を起こして成長してきた髪が活動を弱め、成長が止まっていく時期です。そして、最後の休止期へ入り細胞分裂が止まり、やがて抜けていきます。これがヘアサイクルです。休止期に入った毛髪の下の毛根からは、通常また新たな毛が生えてきて、新しい髪の毛の一生が始まります。

AGAの進行に差があるのはどうして?

男性ホルモンの個人差

5α-リダクターゼの活性度の高さ
DHTは5α‑リダクターゼがテストステロンと結びつくことによって生成されます。AGAの発症は5α‑リダクターゼがどのくらい活発に働くかという活性度によって変わってきます。活性度が高いとAGAになりやすく、活性度が低いと発症しにくいのです。
活性度は人によって個人差があることから、AGAの発症には個人差が生まれます。
アンドロゲンレセプターの感受性の高さ
アンドロゲンレセプターは、DHTなどのホルモンを受け取る受容体のことを言います。つまりDHTが生成された後、受け取る場所です。アンドロゲンレセプターはDHTを受け取った後、身体の中に作用するように変換する働きを持っています。この働きの強さを表すのが、アンドロゲンレセプターの感受性と言われるもので、感受性が高い人ほど薄毛になる可能性が高いと言われています。この感受性にも個人差があります。

ストレス

ストレスは発毛に影響を及ぼします。人間は交感神経と副交感神経がバランスよく働いている状態が健康な状態です。しかし過度なストレスなどにより、そのバランスが崩れると身体に不調をきたします。
その不調のひとつが抜け毛です。髪の毛の成長には酸素と栄養素が必要となり、この2つは血液が運んでいます。 ストレスにより自律神経が乱れてくると血管が収縮してしまい、血流が滞ります。血行不良になった頭皮には酸素と栄養が運ばれなくなり、結果的に髪の成長が促されなくなってしまいます。こうしたストレスの影響でも個人差は生まれます。

生活習慣

AGAは生活習慣にも深く関わっています。ここで言う生活習慣とは食事や運動、喫煙、睡眠といった要素です。
髪に必要な栄養素は血流が運びますが、そもそも栄養素が体内になければ運ばれません。食事で髪に必要な栄養素を摂取してあげなければいけないので、タンパク質や亜鉛といった栄養素を中心としたバランスの良い食生活が求められます。運動は血流を促進させる効果があり、栄養を効率よく運ぶために適度に行うことが必要です。逆に喫煙は血流を滞らせるので、髪にとっては悪影響となります。睡眠は、髪に限らず身体の再生や成長を促す大切な時間であり、髪の成長には充分な睡眠が必要です。
こうした生活習慣は人によって異なり、ひとつひとつの積み重ねがAGAの進行に影響を及ぼします。

遺伝も原因の一つ

AGAの主な原因として男性ホルモンと共に挙げられるのが、遺伝です。AGAは25%の確率で遺伝すると言われています。これはあくまで可能性が遺伝するのであって、遺伝したからと言って必ずしも薄毛になるとは限りません。
しかし、遺伝する要素を追っていくと遺伝と薄毛が深く関係していることがわかります。
遺伝と大きく関わっているのが、5α‑リダクターゼとアンドロゲンレセプターです。

男性ホルモンの遺伝

5α-リダクターゼの遺伝
5α‑リダクターゼの活性度は遺伝が大きく影響すると言われています。先述したように5α‑リダクターゼの活性度が高いとAGAになる可能性が高まり、5α‑リダクターゼの活性が低いと可能性は低くなります。
遺伝と言うとどうしようもない気がしてしまいますが、遺伝以外の要素を遠ざけることでAGAの進行を抑制することができます。
アンドロゲンレセプターの遺伝
アンドロゲンレセプターの感受性も遺伝が大きく関わっています。アンドロゲンレセプターの感受性は特に母方から遺伝すると言われていて、母方の家系に注目する必要があります。しかし、母親が必ずしもその遺伝子を受け継いでいるとは限らないので、母方がそういう傾向があるからと言って必ずしも遺伝しているとは限りません。

AGAと遺伝は深い関係にあります。テストステロンをDHTに変化させる酵素である5α‑リダクターゼ、そしてDHTの受け口であるアンドロゲンレセプターは遺伝によって、その活性度や感受性は決まります。
自分の遺伝子が薄毛の遺伝子かどうかは、母方、父方の家系を見ればおおよそわかりますが、自分がそれを遺伝しているのかというのははっきりと判断できません。もし詳しく調べたい場合は、クリニックの検査で調べることができます。この検査では、髪の毛や粘膜を採取して検査を行います。検査をすれば、ご自身が薄毛になりやすい遺伝子を持っているかがわかります。医師とどのような治療を行っていけば良いかというひとつの指標になります。気になる場合は医師に相談してみましょう。

MEASUREAGAを発症した場合の
対策方法

AGAを発症した場合、必ずしも悲観的になる必要はありません。現在は抜け毛やAGAのメカニズムがだんだんと解明されてきており、AGAの進行を遅らせる薬が開発されています。また生活習慣の改善やストレスが少ない生活を心がけるなど、ご自身でもできることがたくさんあります。
一人で悩まず、専門医に相談しながら希望を持って対処していきましょう。

一番効果があるのはAGA治療

AGAが発症した場合、やはり専門医に頼るのが一番効果的で改善の近道となります。AGAと一口で言っても原因はさまざまに考えられ、その内容によっても対処の方法が変わってきます。自分で原因をなんとなく決めてしまって対策をしていくのは遠回りですし、治療の限界があります。まずは専門医と共に原因を探し、効果的な治療方法を模索していきましょう。
大西皮フ科ではAGAに深い知識と経験がある医師が治療にあたります。経験豊富な医師の下、根気よく治療を進めていきましょう。

その他のAGA対策

食生活の改善

食生活の改善

ご自身でできるケアで代表的なものと言えば、食生活の改善です。食事は身体の形成には必須です。髪も身体の一部であるため、栄養素を元に作られます。その元となる栄養素が不足していては、髪は正常に作られません。コンビニの弁当やファストフードばかり食べていませんか?毛髪の形成に必要な栄養素を中心に、バランスの良い食事を心がけていきましょう。
髪に必要な栄養素として代表的なものはタンパク質、ビタミン、亜鉛です。タンパク質は、髪の毛の主成分となるケラチンの元となります。亜鉛はそのケラチンの生成に関わる栄養素です。ビタミンの中でもビタミンB群は毛母の細胞分裂を活性化し、発毛を促す効果があります。AGAの対策にはタンパク質、ビタミン、亜鉛を多く含む食べ物を積極的に摂取していきましょう。

育毛剤の使用

育毛剤の使用

ご自身でできる対策として最初に思い浮かべるのが、育毛剤ではないでしょうか?育毛剤の役割はAGAの治療でよく用いられるプロペシアなどの内服薬とは違う役割を担っているため、内服と併せて使用するのが効果的です。現在市販の育毛剤に含まれている成分と効能は大きく分けて3つです。毛髪を作る毛母細胞を活性化する成分は、抜け毛を防ぎ、発毛を促進します。皮膚トラブルを防ぐ殺菌成分は、フケや皮膚の炎症を防ぐ効果があります。血行促進成分は、必要な栄養を髪に届けるののに役立ちます。
いずれもAGAの根本的な原因となるDHTや5α‑リダクターゼには直接的に作用するものではありませんが、発毛にとってはどれも大切な作用です。育毛剤はクリニックで処方してもらえる有効成分を多く含んだものもあります。積極的に薄毛対策をしていきたい場合は、医師に育毛剤の使用を相談するといいでしょう。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

ACCESSアクセス

診療時間
10:00~
12:30
-
14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:30

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。