FAGA女性の薄毛・抜け毛の原因

ホーム > 女性の薄毛治療について > 女性の薄毛・抜け毛の原因

ABOUT FAGAFAGAの原因ってなに?

FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれる女性特有の抜け毛の症状のことを言います。以前は男性の脱毛症状、いわゆるAGAが一般的でしたが、近年は女性も薄毛の悩みを抱える方が増えてきました。主に40代以降の中高年を中心に悩まれている方が多く、加齢によるホルモンバランスが変化が深く関わっています。

原因は…女性ホルモンの減少

FAGAの原因はストレスや生活習慣、自律神経の乱れ、無理なダイエットなどさまざまな要因がありますが、最も有力な原因と考えられているのが女性ホルモンの減少です。女性の髪はエストロゲンという女性ホルモンによって、健康的な成長とサイクルを保っています。しかし、加齢などにより女性ホルモンが少なくなると男性ホルモンの活動が優位になり、エストロゲンの活動が弱くなります。男性ホルモンは女性でも持っていますが、若いうちは女性ホルモンが活発で男性ホルモンよりも優位に働くため、男性ホルモンの作用は抑制されています。
しかし、加齢により女性ホルモンの働きはだんだんと衰え、特に更年期を迎える頃に女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になることがあります。エストロゲンの働きの低下と共に、男性ホルモンが脱毛を促すホルモンを生成しヘアサイクルを乱すため、だんだんと薄毛の症状がみられるようになってきます。

原因となる男性ホルモンの「テストステロン」

男性ホルモンが優位になってくると、テストステロンという原因物質が酵素と結びつきジヒドロテストステロンという物質に変化し、健康的なヘアサイクルに影響を及ぼします。テストステロンは男性的な身体をつくるホルモンで、主に次のような役割を持っています。

  1. 体毛を濃くしたり、増やしたりします
  2. やる気や闘争本能を起こさせます

テストステロンは特に男性にとってなくてはならないホルモンです。このホルモンは女性の中にも男性ホルモンとして備わっていますが、男性ホルモンが優位になってくると、テストステロンから作られるヘアサイクルを乱すホルモンの影響を大きく受けるようになってきます。テストステロンはそのままではヘアサイクルに影響を与えませんが、5α‑リダクターゼという酵素と結びつくことにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変わり、最終的にヘアサイクルに影響を与えます。ジヒドロテストステロンはDHTと呼ばれ、FAGAやAGAを引き起こす有力な原因と考えられています。

「DHT」によるヘアサイクルの変化

「DHT」によるヘアサイクルの変化
FAGAのヘアサイクル

通常のヘアサイクルが乱れてしまい、正常な髪の毛の成長過程をたどらずに抜け落ちていってしまうのがFAGAによる脱毛です。通常髪の毛は生えてから成長して太く長くなっていくのですが、FAGAの場合、成長が通常よりも早くストップしてしまい、成長しきらないまま退行期へと向かいます。そうすると、髪の毛は成長しきらない状態のものが多くなり、通常より早く抜けていきます。このようなことが髪の毛全体で起こってくると、髪全体のボリュームがなく見えたり、全体的に細く弱々しい印象になります。女性の場合は健康的な髪の毛をつくるエストロゲンの減少と、男性ホルモンからくるDHTの影響で通常のヘアサイクルが乱れ、薄毛へとつながっていきます。

通常のヘアサイクル

ヘアサイクルというのは髪の毛の一生のことを言います。髪の毛が生えてから、成長し、だんだんと弱っていき、やがて抜けていくまでの過程のことです。通常のヘアサイクルでは、髪の毛が生えてから成長していく期間は2年~6年と言われています。その後退行期に入ります。退行期は髪の毛の成長が止まり、髪の毛としてのピークが終わってだんだんと衰えていく時期です。この期間がおよそ2週間と言われています。そして、髪の毛が抜ける前である休止期に入って、だいたい3~4か月の期間、抜けるのを待っている時間を経て、やがて抜けていきます。そして、また新たに生えて同じ経路をたどるのがヘアサイクルです。すべての髪の毛一本一本がサイクルのタイミングが違うため、髪の毛の量はおおよそ一定に保たれます。

FAGAの進行に差があるのはどうして?

ホルモン量の個人差

FAGAは女性ホルモンの減少が主な原因とされています。加齢により女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になると起こりやすくなってきます。そのホルモンの量は女性ホルモンも男性ホルモンも個人差があるため、必ずしも加齢により誰もが薄毛に悩まされるというわけではありません。ホルモンバランスの安定性も個人差があるため、そうした差も進行の違いに影響を与えます。

ストレス

ストレスは女性の場合も、男性の場合も薄毛に関係性が高いことが統計上示されています。ストレスを受ける環境に慢性的にさらされると、ホルモンバランスが乱れたり、血行が悪くなるなど、薄毛の原因となる要素が多く生まれてきます。ストレスを受ける環境下であるかや、ストレスを受けやすい性格かなどは個人差が大きいため、ストレスの度合いによっても進行に差が生まれてきます。

パーマ・ヘアカラー

パーマやヘアカラーをする際の薬剤も頭皮のダメージの原因になります。女性は男性に比べて、髪の毛に手を加えることが多いと思います。そうした際に、薬剤が頭皮についてしまうと頭皮に刺激を与え、毛根にとってダメージになります。特に頭皮に湿疹や傷がある場合は悪化するケースもあります。こうしたダメージもFAGAの進行の原因となりますので、FAGAだと感じてきた方は気をつけて行いましょう。

過度なダイエット・食生活の乱れ

加齢によるFAGAの可能性は先述しましたが、若い女性でもFAGAになることがあります。若い女性で発症する場合は過度のダイエットによるケースが多いです。1日1食といった過度なダイエットは、身体本来のバランスを壊します。それ共にホルモンバランスも崩れ、髪の成長を促す女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことがあります。また食事による栄養が充分に得られないと、髪に必要な栄養分も吸収されないため、髪が成長が促されず薄毛の原因になります。

遺伝

テストステロンがヘアサイクルを乱すDHTに変化する時に作用する5α‑リダクターゼという酵素があります。この酵素の活性度、つまり作用の強さは遺伝によって決まります。またDHTを受け取る役割のアンドロゲンレセプターと言われる受容体の感受性も遺伝によるところが大きいと言われています。

MEASUREFAGAを発症した場合の
対策方法

FAGAの場合は男性のAGAと比べて、改善する可能性が高いと言われています。食生活の改善や、充分な睡眠、ダイエットの程度を調整するなど、生活習慣を変えればホルモンバランスが整い、女性ホルモンが正常に働きだす場合があります。しかし、原因をはっきりさせない対策は遠回りになる可能性が大です。医師と原因を突き止め、効果的な治療をしていきましょう。

一番効果があるのはFAGA治療

近年、薄毛治療は大きく発展しています。FAGAも適切な治療をすれば、効果的な改善が期待できます。女性のFAGAの場合は、男性のAGA治療でよく使用されるプロペシアの使用は禁止されています。プロペシアは女性にとって多大な副作用を与える可能性があるため、個人的な判断で絶対に飲まないようにしてください。FAGAの治療では、代わりにパントガールという治療薬やミノキシジルを含む育毛剤がよく使用されます。医師の適切な判断の下、効果的な治療を進めていきましょう。

その他の対策

食生活の改善

食生活の改善

髪は身体の一部です。身体は食が元となって健全な状態がつくられるので、髪の健康のためにも、栄養をしっかり摂るバランスのよい食事を心がけましょう。過度なダイエットによる栄養不足には特に注意が必要です。具体的な食事対策としては、動物性の脂は男性ホルモンを活性させる働きがあるので、オリーブオイルなどの植物性の脂を取ることや、髪をつくる栄養素である亜鉛やタンパク質などを積極的に摂っていきましょう。

育毛剤の使用

育毛剤の使用

ミノキシジルなどを含む育毛剤の使用も薄毛治療に効果的です。ミノキシジルは日本皮膚科学会が発表する薄毛の診療ガイドラインにおいて、最も効果が高いとされるAランクに認定された有効成分です。女性が使用するミノキシジル配合の育毛剤は男性用よりも濃度が低く設定されています。男性用のものを使用すると副作用の影響を大きく受ける可能性があるので、使用の際は使用上の注意をよく読んだり、医師に相談するなど正しく使用しましょう。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

ACCESSアクセス

診療時間
10:00~
12:30
-
14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:30

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。