SYMPTOM男性の薄毛・抜け毛の症状 - 男性の粃糠(ひこう)性脱毛症

ホーム > 男性の薄毛・抜け毛の症状 > 男性の粃糠(ひこう)性脱毛症

男性の粃糠性脱毛症について

SYMPTOM男性の粃糠性脱毛症について

ひこう性脱毛症とは、大量のフケが出ることにより起こる脱毛のことを言います。通常、誰でもフケは出ますが、ひこう性脱毛症の場合は通常の量をはるかに超える、頭皮を覆うほどの大量のフケが出ます。脱毛に至るメカニズムとしては、まずフケが大量に発生し、そのフケが詰まるように毛穴の周辺を塞ぎます。そうすると、普段毛穴から排出されていた老廃物が体外に出せずに溜まってしまったり、毛根にある菌が異常に繁殖してしまうことで頭皮に炎症を起こします。ダメージを受けた毛根や毛穴は、正常な活動ができなくなり、やがて髪は細く弱くなり、脱毛に至ります。
原因となる大量のフケの原因はさまざまなことが考えられます。皮膚アレルギーやホルモンバランスが乱れることにより起こることもあります。また生活習慣やシャンプーの仕方が悪いことでも起こります。何が原因かを医師と相談し突き止めながら、適切な改善を計っていくことが改善への一番の近道です。

粃糠性脱毛症の初期症状

ひこう性脱毛症の場合は乾燥したフケや頭皮の状態が見られることが多いです。フケが気になってきたなと感じたら、出てくるフケと自分の頭皮の状態をよく確認してみましょう。

  • フケが多くなってきた。
  • 頭皮が乾燥する。
  • カサカサの乾燥したフケが目につく。

ひこう性脱毛症はよく、脂漏(しろう)性脱毛症と混同されることがあります。どちらもフケが大量に発生することから起こる症状で、一見症状が似ていますが、2つは大きく異なっています。2つの症状の大きな差としては、ひこう性の場合はカサカサの乾燥したフケが出る傾向があります。そして、脂漏性は頭皮に皮脂が溜まることにより起こるので、フケも抜け毛も脂っぽいことが特徴です。フケが出て、毛が抜けるからと言って、安易にひこう性脱毛症または脂漏性脱毛症のどちらかに決めつけるのはよくありません。
初期の段階で適切なケアを行うことにより、頭皮へのダメージを少なく治すことができます。もしフケが異常と感じられるくらい出てしまったら、なるべく早く医師に相談しましょう。

粃糠性脱毛症とAGAの違い

同じように脱毛症状と言っても、ひこう性脱毛症とAGAは明確に異なります。ひこう性脱毛症はフケが原因による頭皮環境の悪化によって起こります。一方、AGAは男性ホルモンの影響により起こります。原因の他にも症状が出る箇所にも違いがあります。ひこう性脱毛症はフケが出る箇所にもよりますが、比較的頭皮の広範囲で症状が見られます。そして、AGAは前頭部の生え際や頭頂部という局所的に症状が現れます。

粃糠性脱毛症 AGA
原因 何らかの原因により、フケが大量に発生し、毛穴をふさぐことにより起こります。 男性ホルモンがヘアサイクルを乱し、抜け毛のサイクルを早くするのが原因です。
症状 頭皮の広い範囲に症状が出る傾向にあります。 前頭部の生え際部分や頭頂部に症状が見られることが多いです。

CASE粃糠性脱毛症が進行すると

ひこう性脱毛症は脂漏性脱毛症と似た症状が現れますが、出てくるフケの状態や頭皮の状態が大きく異なります。フケが気になるようになったら、カサカサしたフケなのか湿ったフケなのかを観察しましょう。初期の段階で適切な処置をすれば、脱毛に至るほどの事態は避けられます。フケの異変に気付いたら、早めに対処を心がけましょう。

  • 初期

    フケの量が多くなってきます。服の肩や自分の周りにフケがちらほら見えるようになりますが、明らかな症状が現れないので、気付きにくい場合があります。かゆみなどもまだないことが多いのがこの段階です。

  • 中期

    フケの量が異常なほどになってきます。この頃にはフケ自体の存在が目立ち、日常生活にも影響を及ぼすほどの量になっています。かゆみや頭皮が赤くなるという症状が出てきて、抜け毛も増えてくることで自覚症状を覚えます。

  • 後期

    頭皮の環境がかなり悪いため、フケやかゆみがひどくなり、日常生活に支障をきたします。抜け毛も多くなり、頭髪の薄さが目立ってくるようになります。この段階に至る前に受診する方がほとんどですが、この段階に至ってしまった場合は早急に受診してください。

TREATMENT粃糠性脱毛症の治療法

フケが原因となって起こる炎症を鎮める治療が基本となります。多くの場合は、ステロイドを使用し、フケによる炎症を抑えていきます。まずは頭皮の状態を良好な状態に戻し、毛根や毛穴が正常に活動できる状態を作っていきます。その後は、フケが出ないような改善を進めていきます。

よく選ばれている治療法

ステロイド外用薬・抗真菌薬

受診した時に皮膚が赤くなる炎症が見られる場合に、ステロイド外用薬が処方されます。炎症を抑え、患部を正常な状態に戻していきます。ステロイド外用薬は患部に塗る治療薬であることから、他への副作用はほとんど見られません。しかし、適切な量と期間で塗らなければ、過剰に作用してしまう恐れがあるため、医師の指導の下で適切に塗布しましょう。また抗真菌薬はマラセチアが関与している皮膚炎に効く薬で、症状に応じて処方されます。

シャンプーの改善

ひこう性脱毛症は間違ったシャンプー選びが原因で起こる場合もあります。シャンプーの中には洗浄力が強いものがあり、人によっては必要な皮脂までも落としてしまうことがあります。必要な皮脂がなくなってしまうと頭皮が乾燥し、その状態が続くとフケが発生する原因となります。そのような方が使うシャンプーは、アミノ酸系のシャンプーが適切です。アミノ酸系は洗浄力がそれほど高くないため、頭皮に与える刺激が強くありません。頭皮に優しいシャンプーを使うことで、刺激でダメージを受けていた頭皮は正常な状態へと改善される可能性があります。
また真菌が増殖している場合はミコナゾール硝酸塩を含むシャンプーが推奨されています。ミコナゾール硝酸塩は炎症の原因となっている菌を洗い流して、悪化を抑える働きを持っています。

日常生活でできること
  • 不規則な生活の改善 ひこう性脱毛症は自己免疫力の低下が原因で起こることもあります。睡眠をしっかり取り、健康的な生活をしましょう。
  • 食生活の改善 ビタミンやミネラルの不足は角質異常の原因となり、フケの発生につながります。栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
  • ストレスを溜めない ひこう性脱毛症はホルモンバランスの乱れにより発症することがあります。ストレス状態が続くとホルモンが乱れやすくなります。

粃糠性脱毛症を再発させないために

ひこう性脱毛症はアレルギー体質やアトピー性皮膚炎の方がかかりやすいと言われています。そうした方はフケが発生しやすいため、過度になるとひこう性脱毛症につながっていくケースがあります。また乾燥肌の方も注意が必要です。このような症状をお持ちの方は、再発に特に気をつけましょう。
また、この症状は普段の生活を見直すことでも再発の防止になります。シャンプー選びやシャンプーの仕方、バランスの取れた食事、ストレスとの付き合い方、適度な運動の実施、充分な睡眠など、頭皮環境を健康的に保つための努力をしていくことが再発防止につながります。一度発症してしまった方は、ひとつひとつを見直していきましょう。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の
男性の薄毛・抜け毛の症状

ACCESSアクセス

診療時間
10:00~
12:30
-
14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:30

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。