FAGAFAGA(女性の薄毛)について

ホーム > 女性の薄毛・抜け毛治療 > FAGA(女性の薄毛)について

FEATUREFAGAの特徴

FAGAは、髪が細くなったり、ボリュームがなくなったり、分け目から全体的に薄くなっていくのが特徴です。FAGAは少しずつ進行する疾患であるため、確実な治療を行なうには継続が必要です。

  1. 毛髪が細くなったことにより、全体のボリュームが減ったような気がする。
  2. 分け目が目立つようになり、地肌が見えている。
  3. 最近、ひげやすね毛などが濃くなった。
  4. 毛髪のハリ・コシがなくなり、抜けやすくなった。

FAGAは、AGA(男性型脱毛症)とは異なる点も多く、U型やM型のような生え際から後退しながら薄くなっていくということはありません。一般的には、頭頂部や分け目の毛髪が細くなり地肌が見えるようになるという特徴があります。
ただし、他にも「びまん性脱毛症」や「分娩後脱毛症」といった脱毛症があるため、ご自身での判断は難しいかもしれません。
『少しでも気になるな』、『不安だな』と思われた際は、早めにクリニック治療を受けられることをおすすめします。

初期症状

FAGAは、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの方が分泌が多い場合に起こりやすい疾患です。
毛髪が成長する前に抜けてしまい、毛周期が乱れて、徐々に薄毛になって行きます。
初期の段階としては、毛髪にハリ・コシがなくなり、細く弱くなって全体的なボリュームが減った感じがすることが多いです。

  1. 毛髪のハリ・コシがなくなり、抜けやすくなった
  2. 毛髪が細くなったことにより、全体のボリュームが減ったような気がする
  3. 分け目などの地肌が気になる

AGAとは違い、症状の出方が頭頂部や分け目からのため、ご自身では気が付かない場合もあります。
初期症状では「毛髪に元気がないだけ」と思われがちで、あまり危険性を感じていない方もいます。
他にも「びまん性脱毛症」や「分娩後脱毛症」などの症状と似た点もあるため、ご自身の判断では難しいことがあります。
FAGAも早期治療をすることが重要になりますので、少しでも変だな、不安だなと思う場合はクリニックを受診して下さい。

進行パターン

進行パターン

FAGAの症状を5種類に分けたルートヴィヒ分類というものがあります。
Ⅰ型:頭頂部を中心として、全体的に毛髪が薄くなっている状態。
Ⅱ型:Ⅰ型と比較し脱毛症の範囲が拡大している状態。(周りから見ても気づかれる頃です。)
Ⅲ型:AGAと似た状態で、正面から見て脱毛が後退している状態。
Ⅳ型:毛包が破壊され毛が生えてこなくなる状態。
Ⅴ型:薬剤やホルモンバランスの異常が原因となり脱毛症になった状態。

FAGAも進行性ですので、早期治療を進めないと今よりもさらに毛量がなくなってしまいます。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

医院のご案内

診療時間
10:00~
13:30
14:30~
18:00

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。