AVODART薄毛治療方法 - デュタス(デュタステリド)

ホーム > 治療方法 > デュタス(デュタステリド)

デュタス(デュタステリド)

ABOUT AVODARTデュタス(デュタステリド)とは

デュタスはデュタステリドを主成分とするAGAの治療薬です。サガーロのジェネリック医薬品として使用されることが多い医薬品です。ジェネリックは同じ有効成分を持つ薬の代用となる比較的安価な医薬品のことで、継続的に服用するためには重宝される薬です。サガーロとデュタスはほぼ同じ成分でできており、効果や副作用もほとんど一緒です。デュタスとサガーロは厳密に言うと乳化剤や安定剤などで若干の違いがありますが、それ以外はほぼ同じ成分で構成されているので、サガーロに代用できる比較的な安価な治療薬として使用することできます。

デュタスの効果

デュタステリドを主成分とするデュタスは、AGAの進行を遅らせる治療薬です。AGAの原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が生成されるのを阻害する働きを持っています。AGAの治療でよく用いられるプロペシアも同様に進行を遅らせる効果を持っていますが、デュタスにはプロペシアにはない効果があり、AGAの進行を遅らせるのと同時に発毛を促進する効果も確認されています。AGA治療において、より高い効果を期待できる治療薬です。

効果

他にも、デュタスはプロペシアにはない作用を持っています。先述の通り、デュタスやプロペシアはDHTが生成されるのを阻害する効能を持っています。DHTはテストステロンという男性ホルモンが5α‑リダクターゼという還元酵素と結びつくことで生成されます。この時に有効成分が5α‑リダクターゼに作用し、テストステロンと結びつくことを阻害することで、AGAの原因物質であるDHTが生成されるのを防ぎ、症状の進行を遅らせます。しかし、薬が作用する5α‑リダクターゼにはⅠ型とⅡ型という2つの種類があります。治療によく使用されるプロペシアは5α‑リダクターゼのⅡ型にのみに作用します。一方、デュタスの主成分となるデュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用し、その働きを阻害することができます。5α‑リダクターゼの働きをより強力に阻害し、AGAの進行を食い止めることができます。

効果的な服用方法

長期的な服用
効果的な服用方法

デュタスは長期的に服用することで効果を実感できる可能性が高まります。効果が現れはじめるのは早くて3か月で、基本的には6か月以降に現れはじめると言われています。これまでアボダートやデュタスで効果が実感できなかったという方の中には、服用開始から半年を経過する前にやめてしまったという方が多いため、効果が出るまで長期的な視点で服用し続けることが大切です。
デュタスはDHTの作用により乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻すための治療薬です。髪は2年~6年かけて成長していくのが通常のヘアサイクルであり、一度乱れてしまったサイクルを戻すのにも相応の時間が必要となります。6か月で効果が現れなくても、年単位の視点で根気強く服用していきましょう。
また服用し始めて1か月ほどすると、急に髪の毛が脱毛し始めることがありますが、これはヘアサイクルが正常に戻ってきている証拠であるため、その時点で焦って服用をやめてしまわないよう注意しましょう。医師と正しく経過を見ながら、続けていくといいでしょう。

効果の持続期間

デュタスはプロペシアよりもAGAに対して強力な治療薬だと言われます。それは、5α‑リダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方に作用することにもありますが、その効果の持続期間にもあります。医薬品には体内に滞在して作用し続ける時間があり、これは薬によってさまざまでおおよその時間が目安として公表されています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドはこの時間が24時間程度と言われており、この間は薬が作用し、DHTの生成を抑えます。しかし、約20時間程度を境にその効果はかなり弱くなっていきます。一方、サガーロやデュタス の作用する時間は36時間~48時間程度と言われており、より長い時間DHTの生成を抑えます。1日1回の服用が基本なので、24時間を優にカバーする持続時間があり、効果的にAGAの進行を遅らせることができます。

効果を高めるには

発毛促進作用を持つ治療薬との併用
発毛促進作用を持つ治療薬との併用

基本的には、プロペシアやデュタスはAGAの進行を遅らせる治療薬であり、発毛を促すための薬ではありません。よりAGA治療の効果を高めるためには、発毛を促進する治療薬を併用していくのが効果的です。発毛促進効果のある治療薬としてよく使用されるのがミノキシジルを含んだ内服薬や育毛剤です。ミノキシジルは血管を拡張し、血流を増やすことで髪の毛に運ばれる栄養を多くし、発毛を促す効果があります。日本皮膚科学会が発表する診療ガイドラインで最高ランクのAランクの評価を得ている成分ですので、高い治療効果が期待できます。

食生活に工夫を

AGAを改善するには、医療的なケアと同時に日常の生活も見直すことが大切です。身体の一部ある髪の毛は身体と同様に栄養を元に作られ、充分な栄養素を必要とするため、食生活は特に重要です。髪の元となる栄養素は、主にタンパク質や亜鉛です。大豆食品や卵、乳製品でタンパク質を、海藻類やクルミなどで亜鉛を摂取するよう食生活を工夫していきましょう。

デュタスの副作用

男性機能の障害

デュタスやサガーロの副作用の発現率はプロペシアと比べて若干高めで、全体の15%前後だと報告されています。その主な症状が、男性機能の障害です。具体的には、性欲減退や勃起不全といった症状です。これはデュタスが、性機能と関係する男性ホルモンの生成を抑制する働きがあるためです。作用する5α‑リダクターゼは、頭皮以外にも前立腺や陰茎にも存在します。頭部だけではなくこうした部分にも作用することにより、性機能の障害をもたらす可能性があります。0.5%前後という臨床試験のデータが報告されています。

肝機能への障害

主成分とするデュタステリドは、主に肝臓で分解されます。分解にはある程度の負担がかかるため、すでに肝機能に持病をお持ちの方は注意が必要です。同成分を持つサガーロの添付文書には、重大な副作用として肝機能障害が記載されています。肝臓に心配がある方は診断の際に、医師に必ず確認しましょう。

服用に関する注意事項

女性は服用しない

有効成分であるデュタステリドは男性ホルモンの生成を抑える働きがあります。こうしたことから、男性胎児の生殖器の発育に影響をもたらす可能性があるとされていて、女性、特に妊婦の方の服用は禁止されています。体内に入ってしまうことを防ぐため触れることも良くないので、妊娠中の方がいる家庭では取り扱いに注意してください。

服用中の献血は控えましょう
服用中の献血は控えましょう

プロペシアなどと同様、デュタス服用中は献血は控えるようにしましょう。献血した血液が女性や妊婦の方の体内に入るのを防ぐためです。デュタス やサガーロはプロペシアなどより長く体内に滞在しますので、特に注意が必要です。

デュタスの料金

デュタスは10000円前後で販売されています。サガーロよりも安価に処方してもらえるため、継続的に服用するには使いやすい治療薬だと言えます。サガーロを服用している場合は、一度医師に相談してみるのもいいでしょう。サガーロのジェネリック医薬品はデュタスだけではなくさまざま存在していますが、安全性において信頼できる治療薬です。ジェネリック医薬品をうまく活用していきましょう。

ザガーロ ザガーロ ザガーロは2015年に厚生労働省の認可が下りたAGAの新薬です。医薬品の安全性においても実績のあるお薬で、プロペシアにはない効果効能がある為、プロペシアでは改善出来なかった方がザガーロへ移行し効果を実感されることもあります。 30錠 12,000円
デュタス0.5mg デュタス0.5mg ※ザガーロのジェネリック 30錠 10,000円

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の
治療方法

医院のご案内

診療時間
10:00~
12:30
-

完全
予約制

14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:00

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。