FINASTERIDE薄毛治療方法 - フィナステリド(内服薬)

ホーム > 治療方法 > フィナステリド(内服薬)

フィナステリドとは

ABOUT FINASTERIDEフィナステリドとは

フィナステリドは、AGA治療薬として最も使用されているプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、最初に開発した製薬会社の特許期間が満了した後、違う製薬会社が同じ有効成分で製造した医薬品のことです。全く一緒の成分で作られていることから、効果効能も同じものが期待できます。そして、価格もジェネリック医薬品の方が安価なことであることから、継続的に使いやすい医薬品として注目されています。フィナステリドはプロペシアの後発品として、さまざまな製薬会社から販売されています。どのメーカーのものにも名前に必ず「フィナステリド錠」と入っており、有効成分や配合量などは決められています。違う点は色や味といった点で、薬の効能としては変わりありません。全て国に認可されたものであるので、品質も保証されています。AGAの治療中の方や、AGAの治療をこれからお考えの方は医師にフィナステリドについて相談してみるのもいいでしょう。

フィナステリドの効果

フィナステリドはプロペシアのジェネリック医薬品であるため、有効成分も変わらず、効果効能もプロペシアとほぼ一緒です。AGAの治療薬として使われ、進行を遅らせる働きがあります。AGAの治療薬という言葉で気を付けていただきたいのが、フィナステリドはAGAの進行を抑える効果があるのであって、発毛を促す治療薬ではないということです。AGAはDHTという男性ホルモンが正常なヘアサイクルを乱し、成長しきらないまま抜ける髪が増えたり、休止期に入る髪が多くなることで、薄毛になっていきます。フィナステリドは、そうした男性ホルモンのヘアサイクルを乱す作用を抑え、通常のヘアサイクルを維持させる働きがあります。

効果

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンによって引き起こされます。DHTは元々は体内にはなく、DHTの元となる男性ホルモンが変化して生成されます。その元となるホルモンがテストステロンで、テストステロンが5α‑リダクターゼという還元酵素と結びつくことによりDHTは生まれます。フィナステリドは、DHTを発生させないように、結びつく酵素である5α‑リダクターゼに作用し、その働きを阻害します。薄毛のなりやすさは、5α‑リダクターゼの量によると言われており、これは母方の遺伝に寄ります。量が多ければ多いほど薄毛になりやすく、AGAの進行において大きな鍵を握っている酵素です。フィナステリドはその働きを抑えることで、AGAの進行を遅らせます。

効果的な服用方法

毎日、継続的に、決まった時間で

フィナステリドは基本的には飲む時間やどんなタイミングで飲むかは決まっていません。朝昼晩、食前食後、どのタイミングでも大丈夫ですので、1日1回忘れずに服用するようにしましょう。毎日服用することでフィナステリド本来の効果を得られます。前日に飲み忘れたからと言って、前日の分も合わせて飲んでも意味がありません。服用する時間を決めて、毎日習慣化することで飲み忘れを防ぎましょう。

長期的に服用しましょう
長期的に

フィナステリドの効果が現れてくるのは、服用してから早くて3か月、目安とされているのが6か月を過ぎた辺りからです。1年や2年単位で効果を実感する方もいるため、それ以前にやめてしまうと正確な効果が実感できません。日本皮膚科学会が報告している臨床データには、フィナステリドを主成分とする治療薬を飲み始めて1年程度で症状の改善が見られた人が58%、2年で改善が見られた人が68%、3年では78%とあります。また海外のデータでは、服用後5年経過した時点での有効率が90%だったというデータもあります。中には効果が実感できないままの人もいますが、フィナステリドの正確な効果を実感するには、長期的に服用していくことが必要となります。

効果の持続期間

フィナステリドは1回服用するとおよそ24時間効果が持続します。効果が持続する時間は、5α‑リダクターゼに働きかけDHTの生成を抑えます。しかし、服用から24時間が過ぎフィナステリドの効果が切れると、5α‑リダクターゼが働きだし、DHTが生成されてしまいます。このような時間がなくなるよう、毎日決まった時間に服用し、フィナステリドの効果が切れないようにしましょう。

効果を高めるには

他の治療薬と併せて使用していく
効果を高めるには

フィナステリドは先述した通り、AGAの進行を抑える治療薬であって、発毛を促す効果がある治療薬ではありません。フィナステリドを服用していて、効果が表れてくると髪の毛が生えてきたように見えますが、それは本来のヘアサイクルに近づき、成長すべき髪の毛が成長したからであって、フィナステリドが発毛を直接促したわけではありません。しかし、フィナステリドと併せて発毛を促進する治療薬を使用することで、発毛効果を一層高めることができます。そうした治療薬の代表とされるのがミノキシジルを配合した内服薬や育毛剤です。ミノキシジルは日本皮膚科学会が発表する診療ガイドラインにおいて、発毛効果が特に認められた最高ランクAに認定されています。フィナステリドもAランクに認定されているため、AGAの治療には、進行を抑えるプロペシア及びフィナステリド、そして発毛を促すミノキシジルを含む治療薬を併用すると効果的です。

フィナステリドの副作用

男性機能の障害

フィナステリドはプロペシアの後発品ですので、副作用もプロペシアと同様です。副作用が起こる確率は低く、ある臨床実験では副作用が発症した人は全体の5%以下だったと報告されています。医薬品の中でも比較的副作用が起こりにくい治療薬だと言えるでしょう。しかし、全く副作用が起きないわけではありません。副作用のひとつとして、男性機能の障害を起こす可能性があります。具体的には性欲減退、勃起不全、射精障害といった症状です。発現率は低いですが、心配な場合は医師に相談して服用を検討しましょう。

肝機能障害・肝障害

フィナステリドは肝機能に障害をもたらす可能性があります。プロペシアの製造元であるMSD社が10年間で得た臨床調査によると、その発症確率は0.1%だったという報告があります。可能性としては1000人に1人という確率ですが、肝機能に心配がある方は事前に医師にその旨を伝えておきましょう。

服用に関する注意事項

アルコールと一緒には服用しない

フィナステリドは副作用で肝機能障害を起こす可能性を持った医薬品です。副作用の可能性としてはとても低いですが、フィナステリドは肝臓で吸収されるため、多少なりとも肝臓に負担をもたらします。一方、アルコールも肝臓で分解され負担をかけるため、アルコールとフィナステリドを一緒に服用するのは控えましょう。

女性や子供、未成年者は服用禁止

女性の服用は禁止されています。フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑制する作用があるため、男性胎児の生殖器発育に影響する可能性があります。女性、特に妊娠中の方は絶対に服用しないでください。またフィナステリドは未成年に対する安全性が実証されていないため、子供や未成年者が服用することも認められていません。もし、家庭にお子様がおられる場合は子供の手の届かないところに保管しましょう。

フィナステリドの料金

フィナステリドはジェネリック医薬品であるため、プロペシアに比べ一般的に1000円程度安く販売されています。継続的な服用のためにはジェネリック医薬品は有効であり、医師に相談して上手に活用していきましょう。またインターネット上では個人輸入代行という形で手に入りますが、正規のルートではない医薬品は本物ではない可能性があり、効果効能も不透明です。必ず医師から処方してもらうようにしましょう。

プロペシア 日本製(万有製薬製) プロペシアは国際的にもAGA治療で使われている最も有名な治療薬です。AGAの原因であるDHTの生成抑制をします。発毛の促進効果はありませんが、進行を遅らせる効果がとてもあるお薬です。 28錠 9,200円
フィナステリド ※プロペシアのジェネリック 28錠 7,800円

COLUMN関連コラム

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の
治療方法

医院のご案内

診療時間
10:00~
12:30
-

完全
予約制

14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:00

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。