SYMPTOM女性の薄毛・抜け毛の治療

ホーム > 女性の薄毛・抜け毛治療

SYMPTOM女性の薄毛・抜けての症状について

一口に薄毛やFAGAと言ってもさまざまな症状があります。それは症状の現れ方と原因によって異なります。
女性の脱毛症はホルモンバランスが大きく関わっています。髪の健康的な成長に必要なエストロゲンというホルモンが加齢と共に減少し発症する場合や、女性ホルモンの減少で男性ホルモンが優位になった結果、薄毛になることもあり、体内のホルモンバランスが原因で薄毛が進行していくケースが多くなっています。このようなFAGAの症状には、生活習慣を見直すことも大切ですが、医師の下で治療を行っていくことが最も効果的な改善につながります。
また円形脱毛症や脂漏性(しろう)脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症は一般的なFAGAとは原因が異なります。また分娩後脱毛症や牽引性脱毛症など女性特有の脱毛症の場合もあります。それぞれに対処法が異なるため、自己判断に頼らず、医師による適切な診断を受け改善を図っていくことが大切です。

WHAT'S FAGAこのようなお悩みありませんか?

「髪のボリュームが減った」 「洗髪時に抜毛が目立つ」
「分け目が薄くなった」
などの症状が30代後半~40代以降に出始めたら、ほとんどがFAGAだと考えられます。
FAGA(Female AGA)とは、女性男性型脱毛と呼ばれ、AGA(男性型脱毛)の症状が女性にあらわれたものを言います。

円形脱毛症

円形脱毛症

円形または楕円形状に髪の毛が抜け落ちていく脱毛症状です。円形脱毛症は昔から耳にすることが多い脱毛症のひとつだと思いますが、以前は円形脱毛症はストレスが直接的な原因だと考えられてきました。しかし、近年では研究が進み、直接的な原因は免疫機能の異常にあることがわかりました。以前の考えで単にストレスが原因だと思い込んでしまうと、放置した結果、症状が進行していってしまうこともあるので、注意しましょう。円形脱毛症は単発のものは軽症であり、それが進行していくと多発型や蛇行型、眉毛や身体の毛さえも抜けてしまう汎発性など、重度の症状に発展していく可能性があります。症状が悪化すると治療には長い期間が必要となり、完治する可能性もだんだんと少なくなっていきます。症状が現れたら早めに医師による治療を受けるようにしましょう。軽度のものならステロイド系の治療薬が処方され、早めに回復が見込めるかもしれません。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は「びまん」=広く、広範囲に、「脱毛症」=髪の毛が抜け落ちること、を意味する症状です。男性の薄毛の症状は前頭部の生え際や頭頂部という局所的に現れることが多いのに対し、女性の薄毛は広範囲にわたってだんだんと症状が現れてくる場合が多いです。女性の薄毛症状のことをFAGAと呼びますが、FAGAのことをびまん性脱毛症と呼ぶクリニックもあります。びまん性脱毛症の原因はホルモンバランスの乱れや頭皮の血行不良など、さまざまな原因が考えられます。生活習慣と共に、ひとつひとつ丁寧に見直していくことが大切です。

牽引(けんいん)性脱毛症

牽引(けんいん)性脱毛症は

牽引(けんいん)性脱毛症は、女性に多いヘアースタイルが原因で起こる女性特有の脱毛症状です。字のごとく髪の毛が引っ張られることが原因で起こる脱毛症状で、長年同じ箇所をポニーテールで引っ張っていたり、同じ部分を分け目にしていたりといった、その箇所の髪の毛を長期間強く引っ張ることで発症します。このような機会が多い女性に多い脱毛症です。
髪の毛が強く引っ張られることで、その部分の毛包と呼ばれる毛根を包む組織が壊れてしまい、薄毛に至るというメカニズムです。症状が出たら、まずは髪型を変えたり、結ぶ位置を変える、分け目を変えるなどの対策を行っていくと良いでしょう。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

こちらも女性特有の脱毛症です。出産をした後に一時的に髪の毛が大量に抜け落ちる症状のことを言います。分娩後脱毛症は、ホルモンバランスが出産を機に崩れてしまうことで起こる脱毛症です。妊娠期には女性ホルモンが増加します。女性ホルモンの中には髪の毛の成長を促したり、髪の毛の健康を保つ役割を果たしているエストロゲンというホルモンがあります。そのホルモンが出産後一気にバランスを崩すため、髪の毛が正常な状態を維持できなくなり、大量に抜け落ちてしまうという状態です。分娩後脱毛症は、出産から2か月~3か月程度症状が続く場合が多く、出産から半年~1年ほど、だいたい授乳を終えた頃には回復することがほとんどです。脱毛が増えた時にはショックを受ける方も多いですが、冷静に対処していきましょう。育毛剤などで回復を早めることも可能です。

脂漏(しろう)性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症

脂漏(しろう)性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症脂漏(しろう)性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症

どちらも大量のフケや頭皮の炎症と共に起こる脱毛症です。脂漏性脱毛症は頭皮の脂が大量に発生することで起こる脱毛症です。何らかの原因により皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴を塞いでしまい、毛穴から排出していた老廃物が外に出せなかったり、常駐菌がそこで繁殖して炎症を起こし、毛根がダメージを受けることで抜け毛へと至ります。脂漏性脱毛症でも脂っぽい湿ったフケが多く出ることがありますが、ひこう性脱毛症の場合はそれよりも大量のフケが出ます。ひこう性は脂漏性とは反対に、カサカサの乾燥したフケが出ることが特徴です。大量のフケが毛穴を塞ぎ、頭皮が炎症を起こし、脱毛へとつながっていきます。

CASE症例

23歳

  1. BEFORE
  2. AFTER
  1. BEFORE
  2. AFTER
治療前の症状
  • FAGA
治療方法
ドクターグロウ
通院頻度
月に一回
治療の概要

ドクターグロウ 7ヶ月服用

ドクターグロウ女性用 (税込26,400円/1ヶ月)×7ヶ月 税込184,800円

起こりうる副作用・リスク

多毛症、初期脱毛、むくみ、動悸、息切れ、肝機能障害

ドクターコメント

若い頃から薄毛に悩まれている方は結構いらっしゃいますが、こちらの方も特に分け目の目立ちを気にされていました。正面からは気づかれませんが、ご家族から指摘を受けて気づいたそうです。
治療を始めて、約半年で縦横に走った分け目が縮小され、かなり改善してきました。

34歳

  1. BEFORE
  2. AFTER
  1. BEFORE
  2. AFTER
治療前の症状
  • FAGA
治療方法
ドクターグロウ
通院頻度
月に一回
治療の概要

ドクターグロウ 10ヶ月服用

ドクターグロウ女性用 (税込26,400円/1ヶ月)×10ヶ月 税込264,000円

起こりうる副作用・リスク

多毛症、初期脱毛、むくみ、動悸、息切れ、肝機能障害

ドクターコメント

元の毛量が多い方ほどご自身で毛量の減少を自覚されています。
人に気づかれる前に治療を始めましょう。毛量が戻ってきて改めて、こんなに減っていたのかと驚かれるほどです。
治療によりしっかり効果が出た症例です。

36歳

  1. BEFORE
  2. AFTER
  1. BEFORE
  2. AFTER
治療前の症状
  • FAGA
治療方法
ドクターグロウ
通院頻度
月に一回
治療の概要

ドクターグロウ 4ヶ月服用

ドクターグロウ女性用 (税込26,400円/1ヶ月)×4ヶ月 税込105,600円

起こりうる副作用・リスク

多毛症、初期脱毛、むくみ、動悸、息切れ、肝機能障害

ドクターコメント

こちらの方は治療に来られた時は大きく薄くなってしまった部分が元に戻るのがご不安そうでした。
治療を始めて半年もしない間に年相応の毛髪になり、大変喜ばれています。
髪は女性にとって命と言われるくらい、こちらの方も髪量が元に戻って表情が明るくなられました。

43歳

  1. BEFORE
  2. AFTER
  1. BEFORE
  2. AFTER
治療前の症状
  • FAGA
治療方法
ドクターグロウ
通院頻度
月に一回
治療の概要

ドクターグロウ 8ヶ月服用

ドクターグロウ女性用 (税込26,400円/1ヶ月)×8ヶ月 税込211,200円

起こりうる副作用・リスク

多毛症、初期脱毛、むくみ、動悸、息切れ、肝機能障害

ドクターコメント

元が柔らかい髪質であるため、髪の毛の密度が減った、分け目が目立つといった症状が早くから現れていました。治療を開始し髪質が改善したことが髪にコシがでました。密度も順調に戻ってきています。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

医院のご案内

診療時間
10:00~
13:30
14:30~
18:00

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。