PROPECIA薄毛治療方法 - プロペシア(内服薬)

ホーム > 治療方法 > プロペシア(内服薬)

ABOUT PROPECIAプロペシアとは

プロペシアは世界60か国以上で使用されているAGA治療では最も有名な治療薬です。フィナステリドを主成分とする、ピンク色の丸い錠剤の内服薬で、1998年にアメリカで開発され、日本では2005年に厚生労働省の認可が降り、取り扱いが始まりました。プロペシアはAGA発生のメカニズムに基づいて、AGAの原因となるDHTの生成に作用し、抑制します。治療薬と聞くと髪の毛が生えてくるイメージをお持ちになるかもしれませんが、プロペシアはAGAの進行を抑制する効能を持っており、発毛を促す効果がある治療薬ではありません。しかし、進行を遅らせるのにとても有効であると、これまでの臨床試験により実証されています。日本皮膚科学会が発表している「脱毛症診療ガイドライン」においてもその効能は認められていて、「強く勧められる」治療薬として、最高ランクのAランクの評価を受けています。男性のAGA治療の現場においても、最も利用されている治療薬です。

プロペシアの効果

AGAは原因成分のジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが作用して起こります。DHTはテストステロンという男性ホルモンが元となって作られ、テストステロンが5α‑リダクターゼという還元酵素と結びつくことにより、DHTに変化します。プロペシアはこの5α‑リダクターゼに働きかけ、その作用を抑制することで、テストステロンからDHTが生成されないようにします。

先述したように、プロペシアはAGAの進行を遅らせる効果があります。これまで多くの臨床試験が行われ、その効果が実証されています。国内で行われた実験のデータでは、プロペシアを1年間服用した人の58%の人に症状の改善効果が見られました。また2年間服用した人では68%、3年間にわたって服用した人には、78%の改善効果が見られたというデータがあります。また改善ではなく現状維持の効果を表したデータもあり、1年間の服用では40%の人が現状維持を確認し、2年間の服用では31%、3年間では20%の現状維持効果があったと報告されています。改善効果と現状維持の効果を合算すると1年間服用の人でも98%の効果があり、プロペシアの高い効果が確認できます。また年齢に関して、プロペシアは20歳から40歳の方に効果的な治療薬だと言われています。中高年のある程度AGAが進行している方には、効果が実感しにくい場合がありますので、注意が必要です。

効果的な服用方法

長期的に服用する
長期的に服用する

プロペシアは長期間の服用で効果が実感できる可能性が高まります。効果が現れ始めるのは早くて3か月、基本的には6か月以上だと言われています。これはヘアサイクルに個人差があるので、効果が現れる時期も人によって変わってくるためです。また2年、3年以上の服用で効果を実感できたという方もいます。逆にそれ以上飲んでも効果が現れない方も中にはいます。医師と相談しながら、長期的な視点で服用していきましょう。

毎日、継続的に、決まった時間で

プロペシアは毎日の継続的な服用が基本となります。1日に1回、1錠を服用します。薬を処方してもらう時には通常、食後、食前、飲む時間帯などが指定されますが、プロペシアに関しては特に決まっていません。基本的にはご自身の好きなタイミングで大丈夫ですが、正しい効果を実感するためには毎日決まった時間に飲むことが必要です。ご自身で時間を決め、習慣化させて服用しましょう。

効果の持続期間

プロペシアは服用後、だいたい24時間でその効果がなくなります。仮に、朝10時に飲み、次の日はお昼の12時に飲んだとします。すると、単純に考えてプロペシアが作用しない時間が2時間発生します。その間は、プロペシアによってDHTの生成を抑制されていた状態が解放され、AGAの原因となるDHTが障害なく生成されてしまいます。つまりAGAが進行してしまう時間が発生してしまうのです。このような時間を失くし、プロペシアの効果が継続的に発揮されるように、1日1回、毎日決まった時間に服用することが望まれます。
また、飲み忘れにも注意しましょう。1日飲み忘れたからと言って、次の日に、前の日の分を合わせて飲んでも、飲み忘れた日の分が補えるわけではありません。持続的な効果を期待するには、毎日の服用が必要となります。

効果を高めるには

他の治療薬との併用
他の治療薬との併用

プロペシアはAGAの進行を抑える治療薬であり、発毛を促す効果を持った薬ではありません。治療の効果を高めるには、プロペシアにはない発毛を促す効果を持つ治療薬を併用していく必要があります。併用される代表的な治療薬は、ミノキシジルを配合する内服薬や育毛剤です。血流を促進し、髪の成長を促す効果があり、プロペシアと併用することで、より高い治療効果を実感できるでしょう。

生活習慣の改善
生活習慣の改善

髪の毛は身体と同様に、栄養素を元に発毛・成長します。その栄養をしっかり補給しないと髪の毛は育っていきません。髪の成長に必要なタンパク質や亜鉛、ビタミンを中心に、バランス良い食事を心がけましょう。また、その栄養素を運ぶのは血流です。血流が滞ってしまうと、髪の毛への栄養も運ばれなくなってしまうため、血行のいい状態を作ってあげることが大切です。血流を委縮させるストレスを遠ざけたり、タバコを控える、運動で血流を促進するなど、生活全般の改善を行っていきましょう。

プロペシアの副作用

肝機能障害

プロペシアによる副作用の可能性は5%以下と言われています。この結果を見る限りは副作用が起こるケースはわずかですが、わずかと言えども発症するケースがあります。その副作用のひとつが肝機能障害です。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは肝臓で分解されるため、肝機能に負担をかける可能性があります。処方する前に血液検査を行うクリニックもあり、もし健康診断で肝機能に異常が見られた方は、医師に必ず相談しましょう。

生殖器障害

性欲減退などの生殖器に関わる障害もプロペシアの副作用として報告されています。ある臨床試験のデータでは全体の1%程度と極めて低い確率ですが、副作用が現れる可能性はゼロでありません。性欲減退の他にも、勃起不全、射精障害などの症状が見られます。しかし、プロペシアの添付文書によると内服をやめれば元に戻ると書かれています。症状を感じたら医師との相談の上、服用を一時的に休止することも検討しましょう。

服用に関する注意事項

女性・子どもの服用の禁止

プロペシアは20歳未満の方は服用しないでください。成人を対象とした治療薬であるので、20歳未満の方の服用に関する安全性が証明されていないためです。そして、女性の方の服用も禁止されています。プロペシアは男性胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があります。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、胎児の生殖器が発育するのに必要なジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるためです。妊婦の方に限らず、皮膚からも成分が入ってしまうため、女性の方は触れること自体も避けてください。

服用中の献血はしない

プロペシアの服用中は献血をしないようにしましょう。理由は、上記で説明したことと関連し、献血した血液が妊娠中の女性に輸血されることを避けるためです。自身が服用していることをしっかりと自覚し、適切な行動を心がけていきましょう。

プロペシアの後発品

後発品とはジェネリック医薬品と呼ばれる薬です。薬の特許期間が経過した後に、他の医薬品メーカーから発売された同じ有効成分と効き目を持った治療薬のことを言います。同じ成分でありながら、安価に手に入れられるのが特徴です。プロペシアの後発品は、主成分であるフィナステリドの名前を使って「フィナステリド錠」という名前がついています。同じ効果効能を持っていますので、服用を希望の方は医師に相談してみましょう。

プロペシアの料金

プロペシアは1か月あたり9000円ほどで販売されています。プロペシアはAGA治療において最もポピュラーな治療薬のため、インターネット上で個人輸入代行として安く手に入れられるサイトが存在します。こうした多くのものは海外製です。このようなプロペシアは偽物の可能性があり、効果と安全性が不透明です。また健康被害が起きた場合にも、国の救済制度を受けることができないので、このようなルートでは購入せず、必ず医師の診断の下、処方してもらうようにしましょう。

プロペシア 日本製(万有製薬製) プロペシアは国際的にもAGA治療で使われている最も有名な治療薬です。AGAの原因であるDHTの生成抑制をします。発毛の促進効果はありませんが、進行を遅らせる効果がとてもあるお薬です。 28錠 9,200円
フィナステリド ※プロペシアのジェネリック 28錠 7,800円

COLUMN関連コラム

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の
治療方法

医院のご案内

診療時間
10:00~
12:30
-

完全
予約制

14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:00

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。