ZAGALLO薄毛治療方法 - ザガーロ(内服薬)

ホーム > 治療方法 > ザガーロ(内服薬)

ザガーロとは

ABOUT ZAGALLOザガーロとは

ザガーロは2015年に厚生労働省から認可が下りたAGAの新薬で、日本では2016年から販売されています。イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発されました。発売からまだ日が浅いですが、AGA治療薬で最も使用されているプロペシアに代わるのではないかと期待されている新薬です。ザガーロはデュタステリドという有効成分を主成分とし、AGA治療薬として販売される以前は、アボルブカプセルという名前で前立腺肥大症治療薬としても医療現場で使用されてきました。現在でも100ヵ国以上で使用されており、医薬品の安全性において実績を積んでいます。アボルブカプセルは商品名と色が違うのみで、中身はザガーロと同じですので、ザガーロも新薬といえど、安全性において実績があると言うことができます。値段はプロペシアよりも少し高めですが、プロペシアにはない効果効能があり、プロペシアで改善が見られなかった人がザガーロに移行するという使われ方もされています。

ザガーロの効果

ザガーロはプロペシアと同じく、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える働きを持っています。DHTはテストステロンという男性ホルモンが変化して生まれます。その変化する際に作用するのが5α‑リダクターゼという還元酵素です。ザガーロは、5α‑リダクターゼがテストステロンをDHTへと変える作用を阻害し、DHTの生成を抑えます。AGAはDHTにより本来のヘアサイクルを乱され起こるので、ザガーロがその原因となるDHTを抑えることで、AGAの進行を遅らせることができます。

効果

AGA治療薬として有名なプロペシアも、ザガーロと同じくDHTの生成を抑える効果がありますが、ザガーロとプロペシアには効果に違いがあります。両者が働きを阻害する5α‑リダクターゼという還元酵素は、Ⅰ型とⅡ型の2つの種類があります。プロペシアはこの中のⅡ型のみに作用するのに対して、ザガーロはⅠ型とⅡ型のどちらにも作用します。ザガーロの方が作用する範囲が広く、これまでプロペシアでは改善が見られなかった方にも、改善の期待ができるのがザガーロの特徴です。また、ザガーロはAGA進行遅延だけではなく、発毛・増毛の効果もあると言われています。現状維持にとどまらず、より高い効果が期待できる治療薬なのです。

効果的な服用方法

長期的に服用する
長期的に服用する

プロペシアと同じく、ザガーロも長期的な服用によって効果が実感できる可能性が高まります。効果が出はじめる目安としては、6か月から1年と言われています。それよりも前に服用をやめてしまうと正しい効果が得られないままですので、長期的な視点で飲み続けるようにしましょう。髪は2年から6年に渡って成長します。乱れたヘアサイクルも戻るのにも相応の時間を要しますので、焦らずゆっくり経過を観察していくことが大切です。またザガーロは飲み始めから1か月ほどで抜け毛が多くなることがあります。これはヘアサイクルが通常に戻ろうとしているサインで、薬が効いている証拠ですので、この時点で服用をやめないようにしましょう。

効果の持続期間

ザガーロは1日1回の服用が基本です。なるべく毎日同じ時間帯に飲むのが効果的です。プロペシアと同様に、ザガーロは効果が持続している間、5α‑リダクターゼに作用し、DHTの生成を抑制します。仮にこの効果が切れてしまった場合は、5α‑リダクターゼの働きを阻害するものがなくなり、AGAのヘアサイクルを作るDHTの生成が行われてしまいます。継続的にザガーロの成分が体内にあるのが望ましい状態ですので、毎日欠かさず服用しましょう。
ザガーロはプロペシアよりも血中での滞在時間が長いことで知られており、プロペシアの場合はだいたい24時間が目安となるのに対し、ザガーロの場合は36時間から48時間と、プロペシアよりも長く体内に滞在し、作用し続けます。飲んでから次に飲むまでの後半の時間はだんだんと効能が弱まっていきますので、長時間効能を維持できるザガーロは、より効果的にDHTの生成を抑えることができます。

効果を高めるには

ミノキシジル配合薬との併用

ザガーロは先述の通り、発毛効果も確認されていますが、主な役割としてはAGAの進行を遅らせることです。AGAの原因物質の生成を抑え、ヘアサイクルを正常に近い形に戻す役割を担っています。その一方で、ザガーロと共に発毛を促す役割の治療薬を併用すると効果的な薄毛治療ができます。ミノキシジルは、頭皮の血管を拡張させ、髪の栄養を運ぶ血流を促進させることで発毛を促す効果を持っています。医師に相談の上、併用を検討するといいでしょう。

生活習慣と食生活を改善する
生活習慣と食生活を改善する

髪の毛の成長は、生活習慣や食生活に大きく影響を受けます。運動不足や喫煙は、髪の毛の栄養を運ぶ血流を鈍らせます。そうした栄養も体内に摂取されなければ髪へと運ばれません。髪の健康的な成長のために、血流をより良くする生活、そして、髪の毛に必要なタンパク質や亜鉛といった栄養素を取る食生活を心がけましょう。また睡眠も身体のメンテナンスと成長を促す時間です。充分な睡眠時間と質のいい睡眠を取るようにしましょう。

ザガーロの副作用

性機能障害

有効成分であるデュタステリドはAGAを引き起こす男性ホルモンを抑制する作用を持っています。しかし男性ホルモンは性機能にも関係していることから、性機能の働きも抑えてしまう可能性があります。副作用の具体的な症状としては、勃起不全や性欲減退、射精障害といったものです。勃起不全の副作用は5%前後の確率で起こり、精液量減少や射精障害の発現率は1.5%前後という臨床試験のデータが報告されています。

肝機能障害

ザガーロは肝臓で分解されます。分解にはある程度の肝臓の負担を要します。AGAの治療薬は基本的に長期間の服用となるため、その負担は蓄積されていくことになります。もし肝機能に不安をお持ちの方でザガーロの服用を希望する場合は、事前に医師に相談しましょう。ザガーロの副作用の発症率は、さまざまな副作用を含めた全体で見ると15%前後と言われています。プロペシアよりも高い数値を示しているので、より副作用を考慮に入れて服用を検討しましょう。

服用に関する注意事項

女性の服用の禁止
服用禁止

デュタステリドは男性胎児の生殖器発育に影響を及ぼす可能性があるため、女性、特に妊婦の方の服用は禁止されています。ザガーロは男性ホルモンの一種であるDHTの生成を抑制します。DHTはAGAの進行を促す他にも、男性の身体づくりに大切な役割を果たしています。その役割も阻害してしまうため、男性胎児の生殖器の発育にも影響してしまう可能性があります。特に妊娠中の方がザガーロの成分を体内に入れることは絶対に避けるべきとされています。触れた手から体内に入ってしまう可能性もあるため、女性が触れることも避けてください。

服用中の献血はNG

服用中は献血も避けましょう。これは献血した血液が女性や妊婦の方に渡ってしまうリスクを回避するためです。医薬品は服用すると一定時間、体内に滞留するため、その状態で献血をすると薬の成分も含まれてしまいます。ザガーロはプロペシアに比べ血中での滞在時間が長いため、特に注意が必要です。

ザガーロの後発品

後発品

ザガーロのジェネリック医薬品として使用されているのが、デュタスです。デュタスはザガーロとほぼ同じ成分でできており、同様の効果効能を期待できます。

ザガーロの料金

ザガーロの相場は12000円~14000円程度です。プロペシアよりも強力だと言われている通り、料金の面でも若干高めになっています。現在はインターネットでも購入することができるようですが、そのように購入できる製品は偽物である可能性もあり、もし副作用が起きても日本の救済制度を受けることができません。リスクを冒すよりも、正規のルートで処方してもらいましょう。

ザガーロ ザガーロ ザガーロは2015年に厚生労働省の認可が下りたAGAの新薬です。医薬品の安全性においても実績のあるお薬で、プロペシアにはない効果効能がある為、プロペシアでは改善出来なかった方がザガーロへ移行し効果を実感されることもあります。 30錠 12,000円
デュタス(デュタステリド) デュタス(デュタステリド) ※ザガーロのジェネリック 30錠 10,000円

COLUMN関連コラム

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の
治療方法

医院のご案内

診療時間
10:00~
12:30
-

完全
予約制

14:30~
16:30
- -

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:00

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

-

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:00
-
13:00~
18:00
-

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。