AGAコラム

ホーム > AGAコラム > 発毛育毛成分「プロペシア/フィナステリド」って何?どんな働きをするの?

治療について

発毛育毛成分「プロペシア/フィナステリド」って何?どんな働きをするの?

髪の毛のことで悩んだことのある人なら、一度は名前を聞いたことがあるかもしれない「プロペシア」と「フィナステリド」

AGAの進行を遅らせるのに有効的な成分プロペシアと、プロペシアのジェネリック医薬品のフィナステリドは、髪の毛にどういった作用があるのでしょうか。

この記事では、プロペシアとフィナステリドはどのような成分なのか、男性型脱毛症の原因物質であるDHTとは何かを解説します。

<目次>
 
 

プロペシアとは?

プロペシアは、AGAの治療薬として最も有名で、世界の60ヵ国以上で使われています。主成分はフィナステリドで、ピンク色をした丸い錠剤の内服薬です。1998年にアメリカのメルク社で開発され、2005年に日本での使用が厚生労働省に認められた、国内で初めて発売されたAGA治療薬です。

日本皮膚科学会で発表されている「脱毛症診療ガイドライン」でも、その効能が認められていて、最高のAランクとされています。AGA治療薬として、最も使われています。

 

・効果

プロペシアは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に働きかけて、進行を抑制する効果があります。発毛を促す効果はありませんが、この治療薬を服用することで、AGAの進行を遅らせるのに非常に有効的であると、臨床試験の結果で実証されています。

 

 

・服用方法と有効率

プロペシアは、1錠を毎日、継続的に服1日用するのが基本です。ヘアサイクルが関係するため、効果が現れ始める時期には個人差がありますが、早くて3ヶ月、基本的には6ヶ月以上かかると言われています。そのため、最低でも6ヶ月は服用し続けましょう。

飲む時間の指定はありませんが、正しい効果を実感するためや飲み忘れを防ぐためには、毎日決まった時間に飲むことが大切です。ご自身の飲みやすいタイミングを決めて、習慣化させましょう。

 

国内の実験データでの有効率は、プロペシアを1年間飲み続けた方の58%が「症状が改善した」と効果を実感しています。また2年間飲み続けた方だと68%、3年間飲み続けた方だと78%が改善効果を実感しているのです。

また症状が改善するだけではなく、現状維持の効果についてもデータがあります。1年間飲み続けた方の40%の方が現状維持の効果があったとされています。

この2つのデータの効果を合わせると、1年間飲み続けた方の98%が効果を実感しており、高い効果を得られているのです。

 

 

・副作用

プロペシアを服用することで起こる副作用の確率は、5%以下とわずかですが、発症することがあります。副作用の一つが肝機能障害です。プロペシアの有効成分はフィナステリドなのですが、肝臓で分解されるため、肝機能に負担をかけることがあるのです。もし血液検査や健康診断で肝機能に異常が発見された場合は、必ず医師に相談してください。

またプロペシアには、生殖器に副作用があると報告されています。ある臨床試験では、全体の1%ほどと極めて低い確率ですが、副作用が起こるというデータがあります。具体的な症状としては、性欲減退や射精障害、勃起不全などです。プロペシアの服用をやめれば元に戻るとされているので、症状を感じたら、医師に相談し、一時的に服用を休止することも検討してみましょう。

 

 

・注意事項

プロペシアは成人を対象とした治療薬なので、20歳未満の方は服用できません。また女性の方が服用するのも禁止されています。特に、プロペシアは男子胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるため、妊婦の方は十分に気を付けてください。さらに妊娠していなくても、成分が皮膚から入るため、女性の方は触れること自体も避けるようにしましょう。

またプロペシアを服用している間は、献血しないでください。前述したとおり、男子胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるため、献血した血液が妊娠中の方に輸血されると大変なことになります。

 

 

・金額

プロペシアの金額は、1ヶ月あたり8,000~10,000円ほどで処方されています。

当院の場合は、1ヶ月分(28錠)で10,120円(税込)です。

プロペシアはAGA治療薬で最もポピュラーなため、インターネット上で安く購入できるサイトが存在します。しかし、海外製や偽物の可能性もあるため、効果や安全性に不安があります。また副作用など健康に被害が起きても、国の救済制度が受けられなくなるので、必ず医師の診断の上、処方してもらうようにしてください。

 

 

フィナステリドとは?

 

・成分

フィナステリドは、プロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、始めに開発した製薬会社の特許期間が終了し、違う製薬会社が同じ有効成分を使って製造したものです。すべての成分が同じもので作られているため、同等の効果と効能が期待できます。効果や効能は同じなのに、従来のものより安価なことから、続けやすい医薬品としてジェネリック医薬品を選ぶ方が増えています。

フィナステリドは、さまざまな製薬会社から販売されていますが、すべて国から許可を受けているため、品質が保証されているため、安心して服用することが可能です。また有効成分や配合量などは決められていて、必ず名前に「フィナステリド錠」と入っています。色や味などに違いがありますが、薬の効能は変わりません。

フィナステリドは、プロペシアと有効成分が変わらないため、効果や服用方法、有効率、副作用、注意事項などは同じです。

 

・金額

フィナステリドはジェネリック医薬品のため、プロペシアに比べると、1,000円程度安くなっています。

当院の場合は、1ヶ月分(28錠)で、8,580円(税込)です。

 

 

男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)とは?

プロペシアと、フィナステリドは、AGAの原因物質であるDHTが増えるのを抑える効果が期待できるのですが、DHTとはどんな物質なのでしょうか。

DHTとはもともと体内にあるものではなく、男性ホルモン(テストステロン)が変化して生成されるものです。男性ホルモンの一種である、テストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結びついた時に生まれるのがDHTです。

DHTが毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させることで、AGAが発症します。

毛髪に影響を及ぼすのはDHTに変わってからなので、変化することを防げれば、AGAの進行を抑えることができます。

 

 

効果的に成分配合されたドクターグロー

ドクターグローとは、それぞれの薄毛の症状に合った治療が行えるオーダーメイドのAGA治療のことです。処方だけでなく、総合的に薄毛治療を行います。

プロペシアとフィナステリドだけでは、薄毛の進行を止めることができても、髪の毛を増やすことはできません。しかしドクターグローでは、発毛促進効果のある成分や、細胞の再生や増殖を促進する働きがある成分を組み合わせて、ヘアサイクルを元に戻しながら発毛を促進できます。

 

ドクターグローは、多くの方が治療を始めてから約3~4ヵ月で髪の毛が生えてきた効果を実感しており、6ヶ月~1年で全体的に髪の毛のボリュームが出てきたと実感しています。

 

薄毛の進行を止めるだけでなく、髪の毛を増やしたい方は、ぜひドクターグローで治療することを検討してみましょう。

 

 

・金額

当院のドクターグローの料金は、フィナステリド1ヶ月あたり26,400円(税込)です。

他にも以下のようなプランを用意しています。

・デュタステリドを含んだ場合→28,600円(税込)

・グロースファクター再生療法を導入する場合→1回:55,000円(税込)/6回セット:264,000円(税込)

この記事では、プロペシアとフィナステリド、ドクターグローについて解説しました。当院では、患者様の状態や希望する治療方法でAGA治療が行えるようにご用意しています。希望に合わせた最適な治療方法をご提案できますので、ぜひ一度ご相談ください。

当院について   多汗症について
医療法人 大美会 大西皮フ科形成外科医院 院長 大西 勝 監修
監修
医療法人 大美会 大西皮フ科形成外科医院 院長大西 勝

この記事を見た人は、
こんな記事を見ています。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。