SYMPTOM女性の薄毛・抜け毛の症状 - 女性のびまん性脱毛症

ホーム > 女性の薄毛・抜け毛の症状 > 女性のびまん性脱毛症

女性のびまん性脱毛症について

SYMPTOM女性のびまん性脱毛症について

びまん性脱毛症は「びまん=広範囲」に「脱毛症=毛が抜け落ちること」というように、広範囲にわたる薄毛の症状のことを言います。びまん性脱毛症は女性に多く、女性の薄毛症状のほとんどがこの症状に当たります。FAGA=びまん性脱毛症として表現するクリニックもあります。
びまん性脱毛症は男性のAGAとは違った症状の進行をたどります。男性のAGAは、抜け毛の箇所が前頭部の生え際や頭頂部といった局所的であることが多く、初期の段階ではこの傾向が顕著です。一方、女性に多いびまん性脱毛症は一部だけが薄毛になるというのではなく、全体的に徐々に薄毛が進行していきます。AGAのように局所的に薄毛になっていくことはほとんどありません。びまん性脱毛症は男性にも見られることがありますが、やはり多くは女性に見られます。原因はホルモンバランスの変化や生活習慣などにあると言われており、研究が進んだ現在では有効的な治療方法が確立されています。

びまん性脱毛症の初期症状

初期の段階では小さな変化であることが多いので、その変化に気付かない方も多くいます。しかし、抜け毛が少しずつ多くなったり、髪の毛一本一本になんとなく違和感を覚えるなど、髪の小さな変化に気づく方もいます。

  • 抜け毛が以前より多くなった気がする。
  • 髪の一本一本が細くなり、ツヤやハリがなくなってきた。
  • 髪の毛に少しボリュームが感じられなくなってきた。

このように、全体としてはわからなくても一本単位で小さな変化が現れてきます。びまん性脱毛症になる主な原因はホルモンの減少やホルモンバランスの乱れと言われています。女性ホルモンは20代をピークにだんだんと減少していきます。そして、40代あたりから急激に少なくなります。
女性ホルモンの中にはエストロゲンと言われる発毛を促すホルモンがあって、これが減少することにより、発毛を促す力が弱まります。さらに女性の中にも男性ホルモンがあり、男性ホルモンが相対的に多くなってくることにより、男性のAGAのように、ヘアサイクルの乱れも起こります。ヘアサイクルが乱れると髪の毛が成長しきらない段階で抜け落ちていってしまうため、弱く細い毛が多くなり、全体的にボリュームのない髪の毛に見えてしまうのです。

びまん性脱毛症とFAGAの違い

びまん性脱毛症はFAGAとも言われます。では、FAGAと男性に多く見られるAGAとは一体どのように違うのでしょうか。その違いは大きく分けて2つあります。まずは先述した脱毛する箇所です。AGAの場合は前頭部の生え際や頭頂部といった局所的である一方、FAGAとも言われるびまん性脱毛症は広範囲にわたって薄毛が進行していきます。そして、もう一つの違いは発生の原因です。びまん性脱毛症は発毛を促すエストロゲンが加齢などによって減り、発毛の力が弱まってくるのが主な原因です。一方の男性に見られるAGAは、男性ホルモンの一部がDHTと呼ばれるヘアサイクルを乱すホルモンに変化し、髪の成長に影響を与え、起こります。髪の毛が成長しきらないうちに抜けてしまったり、休止期に入る髪が多くなることで、薄毛に見えるようになります。しかし、女性は体内に男性ホルモンも持っているため、男性のようなDHTの影響による薄毛も関係してきます。

びまん性脱毛症 FAGA
原因 ホルモンバランスが崩れることが主な原因で、加齢などが影響します。 全体的に薄毛が進行していきます。
症状 男性ホルモンのDHTがヘアサイクルを乱すことで薄毛になっていきます。 初期の段階では、前頭部の生え際や頭頂部に症状が現れてきます。

CASEびまん性脱毛症が進行すると

びまん性脱毛症は最初のうちは大きな変化がないため、少し進行してから対処の行動を取る方が多いです。徐々に抜け毛が増え、髪の分け目がハッキリしてくるようになり、さらに進行すると地肌が透けて見えてくるほどになります。びまん性脱毛症は治療により改善が見込める可能性が高い症状です。症状を自覚したら、早めに医師の診断を受けましょう。

  • 初期

    抜け毛が以前より増えてきます。女性は周期的な要因など抜け毛が増える要因が多いため、この時点では症状に気付きにくいことも多いです。本来の髪のハリやコシが感じられなくなり、違和感を覚える方もいます。

  • 中期

    髪の毛にボリュームがなくなっているのを感じるのはこの時期です。全体的に髪の毛が少なく感じられ、分け目が際立って見えるようになってきます。

  • 後期

    進行が続き、地肌が透けて見えてきてしまう状態は末期の時期と言えます。分け目やつむじなどもはっきりと薄毛になっていることがわかります。女性としては心にストレスを抱えてしまう方もいるため、ウィッグなどを活用して心のケアも行っていくとよいでしょう。

TREATMENTびまん性脱毛症の治療法

女性のびまん性脱毛症は男性のAGAと比べて、治療による改善が期待できる症状です。医師による適切な診断の下、根気よく治療に臨んでいきましょう。近年ではFAGAに有効な治療薬も発達してきたことから、以前よりも改善の可能性が高まっています。また男性のAGA治療によく利用されるプロペシアは女性にとって致命的な副作用をもたらすことがありますので、女性は絶対に服用しないでください。

よく選ばれている治療法

女性のびまん性脱毛症は男性のAGAと比べて、治療による改善が期待できる症状です。医師による適切な診断の下、根気よく治療に臨んでいきましょう。近年ではFAGAに有効な治療薬も発達してきたことから、以前よりも改善の可能性が高まっています。また男性のAGA治療によく利用されるプロペシアは女性にとって致命的な副作用をもたらすことがありますので、女性は絶対に服用しないでください。

ミノキシジル配合の育毛剤

ミノキシジルは治療薬の有効成分のことです。髪の毛は身体と同様に、健康を維持または成長するために栄養が必要となります。栄養は血流によって運ばれます。髪に必要な栄養を効率よく届けるため、血管を拡張させて血流を増加させるのがミノキシジルの作用です。髪の成長に必要な栄養分をより多く毛乳頭に届け、毛根の発毛力を高めることで髪の成長を助けます。またミノキシジルは日本皮膚学会による診療ガイドラインで、最も有効的だと認めるAランクを与えられている成分で、薄毛治療に対する高い効能が確認されています。

スピロノラクトン

女性にも男性ホルモンが存在します。加齢などにより男性ホルモンが優位になると、女性も男性ホルモンによるAGAのような影響を受けることがあります。スピノラクトンはその原因ホルモンであるDHTの働きを抑える効果があります。DHTの生成を阻害するのではなく、DHTが付着する受容体に働きかけて、ヘアサイクルを乱すDHTがうまく作用しないようにします。

HARG療法(ハーグ療法)

最先端の技術を使用した高度な治療法です。発毛には成長因子といわれる物質が必要なのですが、進行したFAGAではこの成長因子が不足している状態になっています。そこにHARG療法により外部から成長因子を注入することで、毛根を細胞レベルで活性化し、発毛を促進します。HARG療法では成長因子の他にも髪に必要な成分を合わせて注入することで、より効果的に発毛を促します。

日常生活でできること
  • 食生活の改善 髪の毛の成長には亜鉛やビタミンB6、B12といった栄養素が必要です。偏った食生活をせず、健康的な食事を心がけましょう。
  • 睡眠をしっかり取る 睡眠は髪の毛の成長に必要な成分を分泌させる時間です。睡眠不足も改善すべきですが、睡眠の質にも注目してみましょう。
  • パーマやカラーリングを見直す 女性は男性に比べてパーマやカラーをする機会が多いと思います。FAGAが気になる場合は毛根へのダメージを考えて行いましょう。

びまん性脱毛症を再発させないために

びまん性脱毛症の多くはホルモンバランスが大きく関係しています。女性にとってホルモンバランスを変化させる要因は加齢だけではなく、ストレスや出産、睡眠不足などさまざまな要因があり、こうしたことから年齢に関係なくびまん性脱毛症を発症する可能性があります。日々の忙しさに追われてなかなかご自身のケアができない時もあると思いますが、ホルモンバランスを維持するため、できる限り健康的な生活を送るよう心がけましょう。髪の毛の変化も身体のサインのひとつです。ご自身の身体の変化を放っておかないよう、自分を大切にする習慣をつけることをおすすめします。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の女性の
薄毛・抜け毛の症状

医院のご案内

診療時間
10:00~
13:30
14:30~
18:00

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。