SYMPTOM女性の薄毛・抜け毛の症状 - 女性の脂漏(しろう)性脱毛症

ホーム > 女性の薄毛・抜け毛の症状 > 女性の脂漏(しろう)性脱毛症

女性の脂漏性脱毛症

SYMPTOM女性の脂漏性脱毛症について

脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで起こる症状です。頭皮に赤みやかゆみがあり、合わせてフケや脂っぽい抜け毛が見られると脂漏性脱毛症が疑われます。
脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂がなんらかの原因で過剰に分泌されることで引き起こります。過剰に分泌された皮脂が毛穴やその周辺をふさいでしまうことで、毛穴にいる皮脂を餌とする常在菌が異常繁殖します。菌は皮脂を分解する時に刺激物を出し、その刺激により毛穴や毛根で炎症が起きます。その炎症によりダメージを受けた髪の毛が、細く弱くなり、やがて抜け落ちていってしまう疾患です。
脱毛に至る段階では、頭皮に湿疹やかゆみを伴い、フケも大量に発生します。フケが大量に出ることから、ひこう性脱毛症とよく混同されることがありますが、両者は全く別の症状です。発生の原因が異なることもそうですが、大きな違いとしては、脂漏性脱毛症は脂っぽいフケや抜け毛が目立つことに対して、ひこう性脱毛症は乾燥したフケ、抜け毛が見られます。それぞれの症状で対処や治療が異なるため、安易に判断して間違った対策を行わないようにしましょう。

脂漏性脱毛症の初期症状

頭皮の脂の量は季節によって変化しますし、他にも体内のホルモンバランスなどによっても変化します。特に女性は男性に比べて影響を与える要素が多いので、一時的なものなのか注意深く見ていく必要がありますが、脂漏性脱毛症の初期症状には次のような症状が見られます。

  • 頭皮が脂っぽい。
  • 頭がかゆくなることが多くなった。
  • フケが見られる。

皮脂は誰にでもあるものです。皮脂は本来肌の乾燥を防いだり、肌にいる菌を分解して弱酸性に保つことで他の増殖を抑えたりと、肌を守る役割をしています。皮脂と聞くと悪者扱いされがちですが、実は私たちにとって先ほど述べたような大切な働きをしてくれています。しかし、その皮脂が異常発生してしまうと、今度はトラブルの原因となります。皮脂の過剰によるトラブルというと、女性が多く悩むニキビもそうです。脂漏性脱毛症ではそのようなトラブルが頭皮や毛穴で起こり、炎症が起こります。皮脂が過剰分泌される原因はさまざまあり、脂物ばかり食べる食生活に原因があることもあれば、シャンプーの仕方や選び方に問題があり、起こることもあります。また女性の場合はホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが相対的に多くなることで皮脂が過剰に分泌されることがあります。上記のような初期症状が見られた場合は、普段の生活や自身の健康状態を今一度見直してみましょう。

脂漏性脱毛症とFAGAの違い

FAGAは女性の薄毛症状の全般を指すこともありますが、基本的にはホルモンバランスの乱れが影響して起こる脱毛症状のことを言います。髪の成長や健康を維持するエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少することや、相対的に多くなった男性ホルモンが作用することで薄毛の症状を引き起こすのがFAGAです。一方、脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌によって脱毛に至る症状であり、両者は明確に原因や症状が異なります。

脂漏性脱毛症 FAGA
原因 皮脂が大量に分泌されることで起こります。 かゆみやフケを伴い、脱毛に至ります。
症状 加齢などによりホルモンバランスが乱れることで起こります。 抜け毛が徐々に増えますが、炎症などのトラブルはありません。

CASE脂漏性脱毛症が進行すると

最初のうちは単にフケが増えたり、ちょっと頭皮が脂っぽいと感じる程度なので、大きな自覚症状はありません。さらにフケの関してはデリケートな問題なので、周りからも指摘しずらいという点で自覚するのが遅れてしまう方もいるようです。末期の脱毛に至るケースになるのは稀ですが、中期でひどいかゆみを覚える前に、早めに対処することが大切です。

  • 初期

    なんとなく頭皮が脂っぽいと感じる程度で、大きなトラブルもないため、見過ごしてしまう人も多い時期です。フケは誰でも出るものですが、その量に違和感を感じたら注意が必要です。

  • 中期

    頭皮がベタついたり、フケが多く発生したり、明らかな自覚症状を覚える時期です。またかゆみや炎症も出てくるので、症状によるストレスも増えてきます。

  • 後期

    生活に支障をきたすほどの大量のフケや、頭のかゆみを覚えます。この時期になると、髪の毛が細く弱くなり、抜け毛も多く見られます。こうなることは稀ですが、ここに至る前に早めに対処をしましょう。

TREATMENT脂漏性脱毛症の治療法

治療では、まずは炎症を抑えていくことから始めていきます。脱毛症状に至る場合は頭皮環境がかなり悪化している状態です。まずはその環境を整え、皮脂をコントロールし、正常な状態へと戻していきます。並行して普段のシャンプーにも問題がある可能性があるので、改善を図っていきます。

よく選ばれている治療法

ステロイド外用薬・抗真菌薬

炎症がひどい場合はステロイド外用薬を使用します。ステロイドは肌の炎症を鎮める薬です。ステロイド薬はさまざまな病院で処方される機会があると思いますが、手元にあるからと言って、むやみに使用しないようにしましょう。使用量や頻度を誤ると過剰反応を引き起こしてしまうことがあるので、必ず医師の診断の下、適切に使用しましょう。また抗真菌薬が処方される場合もあります。脂漏性皮膚炎を引き起こすマラセチア菌を抑える効果のある薬です。

ビタミン内服薬

皮脂が異常に分泌されるのを防ぐために、皮脂をコントロールする必要があり、そのひとつの手段としてビタミン剤が使用されます。ビタミン群は皮脂をコントロールする働きを持っており、特にビタミンB2とB6が重要な役割を果たします。

シャンプーの改善

頭皮の脂の異常は、毎日のケアに問題がある場合があります。中でもシャンプーにおいて、間違った選び方ややり方をしていることがあるので、その改善を行っていきます。炎症がひどい時期は、まだ肌がデリケートなため、アミノ酸系のシャンプーで優しく洗うといいでしょう。また洗いすぎにも注意してください。頭皮は洗いすぎで乾燥すると、その乾燥を防ぐために余分に脂を出す場合があるためです。逆に脂症の人が洗浄力の弱いシャンプーを使用していると、皮脂が落としきれません。ご自身の状態に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

日常生活でできること
  • 食生活を見直す。 脂っこい食べ物は皮脂の過剰分泌につながります。また皮脂をコントロールする働きがあるビタミンB2やB6も積極的に摂取していきましょう。
  • 規則正しい生活を送る。 不規則な生活でホルモンバランスが乱れることから皮脂が大量発生する場合があります。健康的な生活を心がけましょう。
  • 頭皮を清潔に保つ。 予防策として皮脂をちゃんと取り除くことが大切です。シャンプーでの洗いすぎにも注意しましょう。

脂漏性脱毛症を再発させないために

忙しい毎日の中では、身体のケアや髪の毛のケアがしっかりとできない時があります。女性の場合は鏡に向かうことが多いですが、疲れている時はそうした時間もルーティンで流れていってしまうことが多いと思います。脂漏性脱毛症については髪の毛が脂っぽくなったり、フケが出たりと普段の生活の中で比較的わかりやすい初期のサインがあります。そのサインに気づいて適切にケアしてあげれば、初期の段階で再発を予防できます。しかし、それを見逃して放置してしまうと、頭皮のトラブルや脱毛を引き起こす事態になってしまうので、初期のサインを見逃さず、すぐに対処できる心の余裕を普段から持つようにしておきましょう。そうすることでストレスの軽減にもつながり、心身共に、より健康的な生活が送れるようになるでしょう。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の女性の
薄毛・抜け毛の症状

医院のご案内

診療時間
10:00~
12:30

完全予約制
(美容皮膚科・手術のみ)
※13:30~14:30は休診

完全
予約制

14:30~
16:30
-

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:00

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:30
14:30~
18:00

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。