SYMPTOM女性の薄毛・抜け毛の症状 - 女性の分娩後脱毛症

ホーム > 女性の薄毛・抜け毛の症状 > 女性の分娩後脱毛症

女性の分娩後脱毛症について

SYMPTOM女性の分娩後脱毛症について

分娩後脱毛症は文字通り、出産を経験した後に一気に脱毛が増える症状のことを言います。出産という大きな出来事を終えた矢先に、気付いたら抜け毛が増えていることに気づき、焦りと共にショックを覚える女性が多くいます。髪の毛が大量に抜けるのは女性にとって非常にショックなことです。しかし、そこには出産に関わる原因がちゃんとありますし、一時的なものである場合が多いのでまずは安心してください。分娩後脱毛症は出産後、ある程度時間が経過すると次第に治っていく可能性が高い症状です。
頭髪は女性ホルモンの影響によって通常のヘアサイクルを保ち、健康的な状態を維持しています。その主となるホルモンがエストロゲンというホルモンです。妊娠中はエストロゲンの分泌が増え、活発になります。その時は抜け毛も減り、髪の毛にツヤが出る方も多いです。しかし、出産後はエストロゲンの分泌が出産前と比べて一気に減ってしまいます。すると髪の健康を維持できなくなり、出産前に抜けなかった分も合わせて、髪の毛が一気に抜け落ちる症状に見舞われます。それが分娩後脱毛症と言われる症状です。

分娩後脱毛症の初期症状

症状は出産後から徐々に出始め、産後2~3か月ほどでピークになります。それまでとは比べものにならないほど抜け毛が増えるので、ショックを受ける方が多いのもこの時期です。

  • 髪の毛の抜ける量が増える。
  • 髪の毛のボリュームが少なく感じられる。
  • 前髪、生え際、つむじに特に変化を感じる。

症状の箇所は個人差があるため、必ずしも上記のような箇所であるとは限りません。しかし、前髪や生え際、つむじといった部分は元々毛根が浅く、毛根自体が小さいため、脱毛しやすい箇所と言われています。出産後その辺りの抜け毛が多くなり、おでこが広くなったり、髪のボリュームがなくなったと感じられる方が多いようです。またこうしたストレスや育児のストレスなどで、円形脱毛症を併発してしまう方もいます。急な環境と身体の変化にとまどってしまう方も多いと思いますが、分娩後脱毛症は誰もが起こり得ることだという認識し、周りのサポートを受けつつ、落ち着いて対策をしていくことが大切です。また医師に相談することでも症状の原因がわかり、安心する方もいます。まずは、分娩後脱毛症の症状が出ても焦らずに受け止めていきましょう。

分娩後脱毛症とFAGAの違い

女性の薄毛と言うとFAGAを思い浮かべる方もいると思います。FAGAは女性の抜け毛の症状の全般を言うこともありますが、多くは加齢などによるホルモンバランスが崩れることで起こるヘアサイクルの乱れのことを言います。分娩後脱毛症も女性ホルモンが関係して発症しますが、その発生原因は大きく異なります。

分娩後脱毛症 FAGA
原因 出産後に女性ホルモンが一時的に大幅に減少するため。 加齢などによりホルモンバランスが崩れることで起こります。
症状 出産後の2~3か月をピークに一時的に大量に髪の毛が抜けます。 抜け毛が増え、髪の毛自体も細く弱いものがだんだんと増えていきます。

CASE分娩後脱毛症の移り変わり

分娩後脱毛症は、個人差がありますが、半年から1年後には自然と治っていきます。出産直後からピークとなる2~3か月の時期はこれまでにない抜け毛により、精神的につらい時期になりますが、悩みすぎることは髪にも精神的にもよくありません。だんだんと治っていくことを念頭に置いて冷静に対処していきましょう。

  • 初期

    出産直後に少しずつ抜け毛が増え始めます。エストロゲンの急激な減少によりホルモンバランスが崩れ、髪だけではなく心も不安定になることがあるので、周りのサポートも大切になってきます。

  • 2〜3ヵ月

    この時期に抜け毛がピークとなります。ある日ブラッシングをしていたら髪の毛がごそっと抜けるなど、ショックを受けることも多い時期です。こうした症状は誰にでも起こり得ることと考え、落ち着いて対処してきましょう。

  • 6ヵ月〜1年程度

    それまで多かった抜け毛もだんだんと減りはじめ、だいたい授乳を終える頃には髪の毛の量やツヤなども元の状態に回復してきます。個人差により長引くこともありますので、時期は目安として考えておきましょう。

TREATMENT分娩後脱毛症の治療法

分娩後脱毛症は産後1年程度で自然と回復する可能性が高いですが、あまりに気になる場合は医師に相談しましょう。適切な診断と医学的なケアで進行を食い止め、改善を見込める可能性が高まります。

よく選ばれている治療法

パントガール

女性の薄毛治療薬として効果と安全性を世界で初めて認められた内服薬です。FAGAの治療薬としても使用されますが、分娩後脱毛症の治療薬としても用いられます。パントガールはドイツで開発され、その高い効果が認められ、世界各国で利用されています。また副作用もこれまでほとんど報告がなく、安全面も認められています。しかし、服用を希望する際には医師としっかりと相談した上で処方してもらいましょう。

育毛剤

分娩後脱毛症には、ホルモンバランスが正常に戻るまでの待つ時間が必要になります。概ね時間が経てば自然と回復してくるのですが、回復の程度や時間は個人差があります。焦るのはよくありませんが、育毛剤を使用することは回復の助けとなります。男性用の育毛剤は刺激が強いので、女性用のものを使用しましょう。

サプリメント

髪の毛は身体と同様に、栄養素から作られています。髪の毛が元通りになるのを助けるには、栄養素をしっかり摂取することも大切です。髪の毛は主にタンパク質からできているので、魚や肉、大豆などタンパク質を多く含む食べ物を摂るようにしましょう。またビタミンBや亜鉛は発毛に必要な栄養素ですので、食事に意識的に取り入れていきましょう。また産後は忙しくなりがちなため、ちゃんとした食事を用意できない時は、食事のサポートとしてサプリメントを摂取するのもいいでしょう。

日常生活でできること
  • 気にしすぎない 分娩後脱毛症は多くの方に起こり得ることです。そういうものと受け入れ、悩みすぎないようにしましょう。
  • 睡眠をしっかり取る 産後は思うように睡眠が取れない時もあると思いますが、髪の成長のため、できるだけ睡眠を取るように心がけましょう。
  • 栄養素を十分に取る 授乳により栄養素を多く必要とする時期です。自分に必要な栄養を確保するためにも、食事で豊富な栄養素を摂取しましょう。

分娩後脱毛症を長引かせないために

分娩後脱毛症は悩みすぎないことが肝心です。多くの場合は1年程度で回復しますが、ストレスや環境により長引く人もいます。精神的に不安定な時期なため、ストレスが引き金になり、円形脱毛症になってしまう方もいます。女性にとって大切な髪の毛が抜けることはとてもショックなことです。しかし、過度なストレスを持たないためにもなるべく冷静に受け止めて、悩みすぎないようにしましょう。いずれ脱毛は減ってきます。長い目で見て、毎日を過ごしていくことで少しは落ち着きを取り戻せるでしょう。
時にはあまりの抜け毛の多さから「このまま抜け毛が続くのではないか?」と不安になってくることもあると思います。そんな時にはクリニックで医師に相談してみることをおすすめします。医師による正確な診断で落ち着くこともありますし、治療でも症状の改善が期待できるでしょう。選択肢のひとつとして頭に入れておくと、幾分心に余裕ができるかもしれません。
分娩後脱毛症は誰にでも起こり得ることです。正しい知識を持って、落ち着いて対処しましょう。

CONTACTご予約・お問い合わせは
こちら

予約はカンタンWEB予約がオススメ!
予約の前に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。電話でも受け付けております。

その他の女性の
薄毛・抜け毛の症状

医院のご案内

診療時間
10:00~
12:30

完全予約制
(美容皮膚科・手術のみ)
※13:30~14:30は休診

完全
予約制

14:30~
16:30
-

完全
予約制15:00迄

16:30~
18:00

完全
予約制

完全
予約制16:00~

完全
予約制

完全
予約制

-
診療時間
10:00~
13:30
14:30~
18:00

17:00迄

※京都四条烏丸は完全予約制となります。

ご予約はWEB予約が

薄毛、抜け毛に関するお悩み、治療に関するご質問などお気軽にご相談ください。